おすすめコーヒー道具

コーヒー豆保存容器(コーヒーキャニスター)の選び方とおすすめ人気商品7選

自宅でこだわったコーヒーを楽しむのがブームになってきた昨今。

コーヒー豆にもこだわりを持つ方も増えてきたのではないかと思います。

 

しかしコーヒー豆はとてもデリケートで

鮮度によって味が大きく左右されてしまうと言われています。

  • 「高いコーヒー豆を買ったけどどうやって保存するの?」
  • 「冷蔵庫に入れるといいと聞くけど実際はどうなの?」
  • 「コーヒー豆を保存できるお洒落な容器はある?」

このような疑問を抱いている方は多く見受けられます。

 

では、コーヒー豆はどのように保管するのが正解なのでしょうか。

\\コーヒーに関する情報や得する知識を発信中!//
Twitterアカウントはこちら
Instagramアカウントはこちら

結論から言いますと、

コーヒー豆は密閉、湿気が少ない、日陰で保管することで

鮮度が長く保たれると言われています。

そこで必要になってくるのが

コーヒーキャニスターと呼ばれる保管容器です。

この記事を読むことで

  • 購入したコーヒー豆の品質を長く保つことができる
  • コーヒーの正しい保管方法を知ることができる
  • お洒落で高品質なコーヒーキャニスターを見つけられる

コーヒー豆の正しい保管方法を知らないと

せっかく高品質な豆を仕入れても

美味しいコーヒーを楽しめない可能性があります。

 

自宅でも美味しいコーヒーを長く楽しむために

コーヒーキャニスターは必須アイテムと言えるでしょう。

お洒落でインテリアにも最適なアイテムも多く紹介していますので

ぜひ参考にしてみてください。

 

コーヒー豆の正しい保存方法はこちらで解説しています!

コーヒー豆や粉の正しい保存方法 【珈琲ヲタクが完全解説】

とても参考になる動画がありましたのでご覧ください

 

コーヒーキャニスターとは

コーヒーキャニスターとは
コーヒー豆の鮮度を保つためにコーヒー豆を保存する容器のことを言います。

コーヒー豆はとてもデリケートで、保存方法を間違えてしまうと
酸化が進み肝心な風味が落ちてきてしまいます。

せっかく購入したコーヒー豆を長く美味しく楽しむために
コーヒーキャニスターは必需品であると共に
お洒落なものが多いのでインテリアとしても活躍します。

コーヒー豆の正しい保存方法はこちら

コーヒーキャニスターを選ぶときの注意点

調べてみると形状や材質など様々なものがあるコーヒーキャニスターですが
選ぶときの注意点や重要なポイントがいくつかあって悩んでしまいますよね。

ここではコーヒーキャニスターを選ぶときのポイントを
項目ごとに分けてわかりやすく解説していきます!

密閉されているか

まず重要視して選ぶべきなのは密閉性があるかどうかです。

コーヒーを保管するにあたって、酸素に触れるか触れないかは
最重要な注意点です。

コーヒー豆はデリケートなものですので、
極力酸素に触れるのを避けられる保存容器を選ぶ必要があります。

密閉できる保存容器はコーヒー豆を長く美味しく保つには必須の条件です。

容量は十分か

コーヒー豆は店頭で購入すると200gで販売されているものが多いです。
(たまに100gで販売してるお店もあります。)

最低でも200gのコーヒー豆が入るサイズの
コーヒーキャニスターを選択しておけば間違いなしでしょう。

遮光性はあるか

コーヒー豆は日光や照明にとても弱いため、遮光性は重要になります。

遮光性に関しては冷蔵庫や日陰に保管すれば解消できるので
そのような場所が確保できるのであればそれほど考えなくても大丈夫です。

お洒落で機能性も抜群なおすすめコーヒーキャニスター

スタイリッシュ キャニスター CASUAL PRODUCT

ボディはステンレス、フタは強化ガラスのスタイリッシュなデザイン。

上部から中身の確認ができるのでとても使い勝手もいい商品です。

人気雑誌「珈琲時間」でも紹介されていたお洒落アイテム!

キャニスターコーヒーミルCMHN-4 HARIO(ハリオ)

粉受けがパッキン付きの保存容器になっているので豆を挽いてそのまま保存が可能。

また、刃もセラミック製のため豆にも優しい製品です。

コーヒーミルの人気おすすめ商品はこちら

ボナ ティー&コーヒーキャニスター HARIO(ハリオ)

ホーロー製の本体と天然木のフタとの組み合わせがナチュラルな雰囲気。
パッキンはシリコンゴムなので密閉氏もしっかりしています。

こちらもHARIO(ハリオ)製品です。
ハリオにはお洒落で高品質なコーヒー器具が多くあります。

ハリオの他の商品を見たい方は公式ページでご覧ください。

珈琲器具からキッチン用品まで豊富に取り揃えています【HARIO NETSHOP】

コーヒーキャニスター 珈琲考具

つや消し仕上げのステンレス素材は、シンプルだけど存在感のあるデザイン。

ステンレス素材のなのサビにくく衛生的にも優れています。

BAUM NEU キャニスター KINTO

アカシカの天然木のフタと耐熱ガラスの組み合わせ。

フタにシリコン製のパッキンがついているので本体としっかり密着。
スタッキングもできます。

エアリデューサー フェリオ

容量に合わせてフタの位置が変わるのは、フタを下に押して余計な空気を抜く仕様のため。

中身が少なくなってもコーヒー豆の参加を防げます。
空気弁の開閉は指で押すだけなのでとても簡単に使用できます。

コーヒーキャニスター200 ZEROJAPAN(ゼロジャパン)

密閉製と遮光性に優れた海外でも人気な日本製の製品です。

カラーバリエーションも6種類と豊富でインテリアとしても活躍するでしょう。
各パーツこだわりを持って作っているのも特徴です。

とても参考になる動画がありましたのでご覧ください

さいごに

今回はコーヒーの保存容器であるコーヒーキャニスターについて
選ぶときのポイントやおすすめ商品を紹介してきました。

コーヒーキャニスターを選ぶときの3つのポイント

①密閉されているか
②容量は十分か
③遮光性はあるか

コーヒー豆はとてもデリケートなものです。
長く美味しく楽しむためには、保管方法もこだわってみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA